商品紹介

2021.5.13

国産外壁特集

Text by Shinmirai

国産材で屋外に使用可能な材をご案内をさせていただきます。
今回ご紹介するのは、屋外でも使用できるように特殊な処理を施し、通常より耐久性、防腐性が格段に向上した商品です。
公共系で使用される事が多く、多数の経過実績がございます。

▶︎外壁材のサンプルはこちら
▶︎ルーバーのサンプルはこちら
▶︎デッキ材のサンプルはこちら
▶︎サンプルはこちら

窒素加熱処理材

防腐剤などの薬剤を一切使用せず、環境負荷の低い形で耐久性を担保しています。
釜の内部を真空後、窒素を混ぜることで木材が燃えないギリギリの状態を作り出しています。
釜から出した時は木炭のような状態に近く、直後は含水率0%、平衡含水率は5%と不朽菌が活発化する要素をなくしています。
そのため、無塗装の針葉樹でも茶色がかった色合いになっています。

※ご要望の産地を指定可能です。

加圧注入処理材

ペタンキュアという耐久性を高める木材保存剤を使用しています。
保存剤は薬剤ではありますが、毒性区分は食塩と大差がなく、人や動物にも悪影響をもたらすことはありません。

一般的な浸漬や塗布とは異なり、釜の内部の空気を排出し、圧力をかけながら木材内部に薬剤を含浸させる方法を採用しています。
木材の外部も内部も薬剤が均等に行き渡るため、高い耐久性の担保が実現できています。

無色透明の薬剤のなので、木材本来の色合いを演出できます。

※ご要望の産地を指定可能です。