不燃材・準不燃材・難燃材の違いとは?

eTREE編集室

火災を防ぐため、建物によっては建材としての使用が義務付けられている防火材。実は、防火材の中でも、能力の違いによって不燃材・準不燃材・難燃材と区分されているのをご存知でしょうか。

本記事では、

  • 不燃材・準不燃材・難燃材の違い
  • それぞれの具体例や商品

を紹介します。

不燃材料・準不燃材料・難燃材料の違いは「燃え始めるまでの時間」

建物の火災を防ぐために設けられた「内装制限」では、不燃材・準不燃材・難燃材の使用が義務付けられています。

求められる条件は下記3つです。

  • 燃焼しないものであること
  • 防火上有害な変形、融解、き裂その他の損傷を生じないものであること
  • 避難上有害な煙又はガスを発生しないものであること

不燃材・準不燃材・難燃材の違いは、これらの条件を満たせなくなったタイミング、つまり「燃え始めるまでの時間」のみです。下記の時間を維持できるかどうかで区分されます。

  • 不燃材料:20分間
  • 準不燃材料:10分間
  • 難燃材料:5分間

参考:建築基準法施行令第108条の2|e-Govポータル

防火材料の具体例

防火材料には、それぞれ建築基準法によって具体的なものが挙げられています。建築基準法で定められている不燃材料、準不燃材料、難燃材料の具体例を解説します。

不燃材料

不燃材料は、防火材料の中で最も性能が良いものです。下記のようなものが挙げられます。

  • コンクリート
  • れんが
  • 陶磁器質タイル
  • 繊維強化セメント板
  • ガラス繊維混入セメント板(厚さ3mm以上)
  • 繊維混入ケイ酸カルシウム板(厚さ5mm以上)
  • 鉄鋼
  • アルミニウム
  • 金属板
  • ガラス
  • モルタル
  • しっくい
  • せっこうボード(厚さ12mm以上、ただしボード用原紙の厚さが0.6mm以下のものに限る)
  • ロックウール
  • グラスウール板

上記以外の材料でも個別に加熱試験を行い、要件を満たすことができれば、不燃材料として認められます。

参考:不燃材料を定める件|国土交通省

準不燃材料

準不燃材料は、下記のようなものが挙げられます。

  • 不燃材料のうち通常の火災による火熱が加えられた場合に、加熱開始後20分間,建築基準法施行令第108条の2各号に掲げる要件を満たしているもの
  • せっこうボード(厚さ9mm以上、ただしボード用原紙の厚さ0.6mm以下のものに限る)
  • 木毛セメント板(厚さ15mm以上)
  • 硬質木片セメント板(厚さ9mm以上、ただしかさ比重0.9以上のものに限る)
  • 木片セメント板(厚さ30mm以上、ただしかさ比重0.5以上のものに限る)
  • パルプセメント板(厚さ6mm以上)

不燃材料と同様に、個別に試験を行い要件を満たせば、準不燃材料として認定されます。

参考:準不燃材料を定める件|国土交通省

難燃材料

難燃材料は下記のようなものが挙げられています。

  • 準不燃材料のうち通常の火災による火熱が加えられた場合に、加熱開始後10分間建築基準法施行令第108条の2各号に掲げる要件を満たしているもの
  • 難燃合板(厚さ5.5mm以上)
  • せっこうボード(厚さ7mm以上、ただしボード用原紙の厚さが0.5mm以下のものに限る

個別に試験を行い要件を満たせば、難燃材料として認定されます。

参考:難燃材料を定める件|国土交通省

防火材料の具体的な商品

防火材料の具体的な商品は下記のようなものが挙げられます。

  • 【不燃木材】もえーせん|株式会社翠豊
  • 【準不燃木材】むくふねん|吉田製材株式会社
  • 【難燃材料】アフレックス|AGC株式会社

【不燃材料】もえーせん|株式会社翠豊

 株式会社翠豊の「もえーせん」は、ヒノキやスギを使用した不燃材料・不燃木材です。

内装制限をクリアするために木材以外の商品を使用すると、利用者や居住者に無機質な印象を与えてしまう可能性があります。もえーせんを使用すれば大規模な施設の壁や天井でも木材を使用することができ、温かい印象の建物になるでしょう。

主に羽目板ルーバー見切り材として使用されています。

参考:不燃木材「もえーせん」|株式会社翠豊

【準不燃材料】むくふねん|吉田製材株式会社

吉田製材株式会社の「むくふねん」は、奈良県吉野産のヒノキやスギを使用した不燃・準不燃木材です。

製材メーカーとしての強みを活かし、規格品だけでなく、寸法や形状を自由にオーダーし建物にマッチするものも提供してくれます。また、ホウ酸系薬剤を注入しているため、防蟻・防腐効果もあります。

参考:不燃・準不燃木材「むくふねん」|吉田製材株式会社

【難燃材料】アフレックス|AGC株式会社

AGC株式会社の「アフレックス」は、-200℃から200℃まで対応可能な難燃材料です。

耐熱性だけでなく、耐薬品性耐候性などの特徴から大規模なスポーツスタジアムの外装用フィルムに使用されています。光透過性も高いため、施設園芸や太陽電池の保護フィルムとしても使用されており、家屋や建物以外でも注目されている製品です。

参考:アフレックス|株式会社AGC

まとめ

不燃材・準不燃材・難燃材はどれも同じ防火材ですが、燃えにくさに大きな違いがあります。

内装制限をクリアするためには、使用する素材が重要になるため、性能の違いをきちんと把握しておきましょう。

また、不燃材料の中でも木材を使用したものも出てきているため、イメージに合った建築物、住居になるよう様々な製品を知っておくことが重要です。

森未来は木材情報を集約したプラットフォーム「eTREE」を展開しています。プロの木材コーディネーターが、あらゆる木材の調達や加工をサポートします。木材の調達・加工にお困りであればぜひご相談ください。

この記事をシェアする

おすすめの記事

おすすめキーワード

自社の商品をeTREEに掲載しませんか?

eTREEでは、商品情報・加工技術をご提供していただける企業様を募集しています。
ご協力いただける方はお問い合わせください。

商品掲載希望のご相談