電話で相談

電話
TEL.03-6453-9234
【営業時間】
・平日 10:00〜18:00
・定休日:土・日・祝

営業時間外のお問い合わせには、
営業開始後順次ご対応いたします

岩手県の地域材

最終更新 2024年1月5日

最終更新 2024年1月5日

岩手県の地域材の特徴

本州一の森林面積、南部アカマツを中心に広葉樹も充実

奥羽山脈と北上山地の二つの山岳地帯を擁する古くからの木材生産地。現在はどちらの山地もスギやカラマツの人工林が多いものの、ナラやブナの天然林など地域により特徴があり、樹種が豊富です。特に森林面積の約半分を占める広葉樹は北海道に次ぐ全国2位の規模を誇り、建材や内装材、家具など様々に活用されています。県木の「南部アカマツ」は構造材から内装材まで幅広く利用されています。県では人工林の育成にとどまらず、本来の植生と調和を取りながら森林資源を活用してきたという特徴があります。

数字で見る
岩手県の森林

  • 森林
    森林面積
    118万ha
    森林率
    77%
  • 人工林
    人工林面積
    33万ha
    人工林率
    42%
    人工林蓄積量
    11,859万㎥
  • 素材生産
    素材生産量
    146万㎥

『令和3年度岩手県林業の指標』(2023年3月公表)

岩手県の木材概要

森林
森林面積は全国の約3%を占め、全国と比較して森林面積が大きい。森林率は77%であり平地よりも山間部が多く広がっている。人工林率は42%であり、天然林の方が多い。
樹種
生産される主要樹種はスギ、アカマツ、広葉樹、ブランド材は気仙杉、遠野唐松、南部アカマツ、南部桐、南部栗
素材生産
樹種別:スギ54%、マツ33%、広葉樹13%、その他の針葉樹0%、ヒノキ0%
用途別:合板42%、製材32%、木質チップ26%

農林水産省『令和4年木材統計調査』(2023年6月公表)

地域材認証制度
  • 岩手県産材認証制度
製材工場数
すべての工場数
109
うちJAS認証を取得している工場数
27

林野庁『森林・林業統計2023』(2022年調査時点)
一般社団法人全国木材検査・研究協会『製材等JAS認証工場名簿』(2023年9月25日時点)

\ まずは無料でご相談 /

地域材バナー

おすすめコンテンツ

製材所バナー 製材所バナー 商品検索バナー

木材の設計・デザインをするならeTREEをご利用ください

木材情報の収集

eTREEでは木材活用に役立つ情報を掲載しています。日本全国の地域材やサステナブルな木質建材を探せます。

木質建材を探す

木材利用のご相談

eTREEでは全国から木材を調達し、加工・施工まで承ります。ストーリー提案や企画段階など幅広いフェーズで、設計者・デザイナーの木材利用をサポートしております。

サービス一覧
eTREEに商品や情報を掲載しませんか?

eTREEでは、木材商品や木材事業所情報をご提供していただける
木材事業者様、自治体様を募集しています。

eTREE情報掲載ご相談はこちら